「なりたい自分」になるための方法を紹介しています

HOME » NLPを活用するために » アイ・アクセシング・キュー

アイ・アクセシング・キュー

NLPにおけるスキルのひとつである「アイ・アクセシング・キュー」は、視線の動きによって相手の考えや感じている事柄を把握する方法です。視線の動きは脳の活動と密接なつながりをもっているため、相手の心理を見抜く重要な手がかりのひとつとなります。「アイ・アクセシング・キュー」における視線の動きと心理的な内面の動きは、NLPのなかで次のように定義づけられています。

【自分から見た相手の視線の動き】

  • 左:過去について考えている。
  • 右:未来について考えている。
  • 上:視覚が作用している。
  • 下:身体感覚が作用している。触角や体感、感情がこれにあたる。
  • 左右:聴覚が作用している。

上記の動きを応用させれば、

  • 左上:記憶にない光景や映像について考えている。
  • 右横:聞いたことのある音について考えている。
  • 左下:身体感覚について考えている。

…など、より踏み込んだ観察が可能になります。

質問に対する視線の動きで心理が読み取れる

「アイ・アクセシング・キュー」を使って質問に対する視線の動きを観察することで、相手の心理を把握することができます。

嘘の可能性を察知できるようになる

また、過去について尋ねた相手が右上に視線を動かした場合、過去の記憶とは別のことを考えていて嘘の可能性が高い…というようなこともわかるようになります。

利き手やタイプ別の柔軟性も大切

利き手によって視線の動きが反対であったり、視線がほとんど動かないなど、人によって違いがあるのも事実です。「アイ・アクセシング・キュー」を意識しながらも、他のスキルを併用した柔軟なアプローチで対応していくことが大切であるといえるでしょう。

 
神経言語プログラミング(nlp)ナビ 大阪特集