「なりたい自分」になるための方法を紹介しています

HOME » NLPを活用するために » エコロジーチェック

エコロジーチェック

結果が出た後に、予め予期できたことだ。と思ったことはありますか?

NLPの中には、あなたが行動、選択をすることで、どのような変化や影響が生まれるのかを思考し、イメージする為の質問があります。この質問のスキルを知っているか、知らないか、実践しているか、していないかは大きな違いを生み出します。それがエコロジーチェックなのです。NLPセミナーのプラクティショナーコースで学ぶのですが、基本的には、8フレームアウトカムという目標設定の方法の一部として学びます。しかし、このエコロジーチェックとは、日常で活用することの多いスキルになります。

NLPを大阪で学んだ女性のマネージャーさんがいます。大阪でNLPを学び実践していく中で、エコロジーチェックに関して、2つの感想を教えてくれています。

  1. 明確に予期できるものを思考しておくことが目的です。思考しておくことで、危険や失敗を予期できているとしたら、修正や代替え案、対応策などを準備することも出来ます。もしかしたら、その行動自体を止めるという選択肢も出てきたりする。
  2. いい結果が予期できる時、お客様などの人が素晴らしい反応を予期できる時、さらに思考やアイデアを広げたり、深めることができます。もしかしたら、別の選択肢を用意することができる。

では、NLPのエコロジーチェックとは、どのように行なうのでしょうか?基本的には一つの質問をきっかけにして思考やイメージをすることから始まります。
「その結果を手にすることで、周囲や周りの環境や人はどのように変化していますか?」

NLPを大阪で学んだ女性は、さらにいろいろとエコロジーチェックの質問を工夫しているそうです。

  • それをすることで、どんないいことがあり、どんなリスクがあるのか?
  • それをしたときに、短期的な変化、中期的な影響はどうか?長期的にはどうなるか?

などのようにいろいろと使えます。

この時に、NLPのエコロジーチェックで大切なのは、3つです。

  1. 変化や影響を知る(環境、周りの人、自分)
  2. 短期的、中期的、長期的な変化や影響を考える
  3. 変化や影響の良い面と、悪い面やリスクを考える

その上で、アクションへの思考、選択を行ないます。大切なスキルです。

 
神経言語プログラミング(nlp)ナビ 大阪特集