「なりたい自分」になるための方法を紹介しています

HOME » NLPスクール選びのポイント » アフターフォローを確認

アフターフォローを確認

NLPは、もちろん学び実践することに意味があるのですが、その過程の1つとして資格取得があります。私は特に講師になりたいという希望はなかったのですが折角勉強するのだから成果確認という意味で、資格を取得したいと思っていました。

全米NLP協会と米国NLP協会

NLPの学校の中には、出欠も取らないセミナーに参加するだけで資格がとれるところもあるようで、それだと成果確認にならないので、まずそれに注意しました。それから、資格取得までのサポートがあるかどうかも確認しました。「神経言語プログラミング」を本当に自分のものにするには、サポートが必要だと思ったからです。

NLPには、公式資格があるのですが、全米NLP協会公認と米国NLP協会公認というのをご覧になったかもしれません。これらは、同じものではなく違う団体です。本場アメリカではカリキュラムがしっかりしているということで「全米NLP協会」がメジャーなのに、日本では「米国NLP協会」が広まっています。

なんでそんなことに? と思いましたが理由は簡単で、「神経言語プログラミング」が日本に入ってきた当初、「神経言語プログラミング」を学ぼうとした人の多くが、英語が不得手で通訳が必要だったから、通訳がある米国NLP協会が普及したのです。

NLPの資格について

私が行った学校のNLPの資格にはNLPプラクティショナー、NLPマスタープラクティショナーというのがありました。

NLPプラクティショナーは、ビジネスパーソンとして、如何に成功するかということを目的に、ビジネス(セールスとマネジメント)や加速学習、マーケティングをいろいろな角度から学べるようコースでした。NLPマスタープラクティショナーは、教える側に立つ人用ですが、より深い内容を学べるので、講師希望でなくても受講の価値があります。

資格取得後には、講師としてだけでなく、カウンセラーなどいろいろな可能性がひらかれていると思いますが、それは結果。まず学ぶという姿勢が大切だと思います。

 
神経言語プログラミング(nlp)ナビ 大阪特集