「なりたい自分」になるための方法を紹介しています

HOME » 神経言語プログラミング(NLP)とは » 活用されるようになった経緯

活用されるようになった経緯

神経言語プログラミングは、ベトナム帰還兵のPTSDが深刻な社会問題になっていた70年代のアメリカで、カリフォルニア大学の言語学の助教授ジョン・グリンダーと、同大学心理学部の学生リチャード・バンドラの二人によって開発されました。

神経言語プログラミングの礎

当時、優秀なセラピストとして有名だったのが、ゲシュタルト療法のフリッツ・パールズ博士、家族療法のバージニア・サティア、催眠療法のミルトン・H・エリクソン博士という3人の存在。ジョン・グリンダーとリチャード・バンドラが、全く異なる治療方法の3人セラピストの何がそんなにも高い治療効果を生みだしているのかを研究・分析、発見した共通点を体系化したものが、神経言語プログラミングの基礎となったのです。

神経言語プログラミングの広がり

80年代に入ると、二人に加えてロバート・ディルツ、ジュディス・ディロージャの4人の共著「Neuro-Linguistic Programming vol.1」が出版され、神経言語プログラミングが広く知られるようになりました。80年代後半には、個人の治療だけでなく教育やビジネスなどで、コミュニケーションツールとしても活用されるように。90年代以降の神経言語プログラミングは、アイデンティティやビジョンなど、より高いレベルに着目するようになり、組織や文化などへと広がりをみせました。

効果や即効性が非常に高かったので、まず多くのセラピストやカウンセラーに広まっていった訳ですが、現在では、自己実現にも効果的であることから医師、弁護士、ビジネスマン、教師、そしてスポーツなど分野を問わず広く活用されるようになったということなのです。

 
神経言語プログラミング(nlp)ナビ 大阪特集